日本で食べられてきた食事

日本の食生活は時代と共に
変化してきています。その変化をもたらすものとしては海外から伝えられた食べ物だったり習慣だったりします。 日本の得意なことは現状ある食文化に海外から伝えられた食文化をミックスして新たな食文化として取り入れることができることです。
例えば、カレーライスはインドを発祥とする食べ物なのですが、今となっては日本の食文化にマッチさせることができた食べ物の一つではないでしょうか。
縄文時代末期から弥生時代になりますと米の栽培が行われており、この時代から現在に至るまで米は主食として食べられています。 米の栽培は寒冷な場所での収穫は微々たるものでしたが、技術開発などによって今となっては日本中で米の栽培が行うことができています。 現在では温暖化により西日本を中心に猛暑日が増えてきているということがあり、米の品質低下が問題になってきています。
奈良時代ぐらいから禅宗の僧が食べていた精進料理が鎌倉時代になると本格的に普及することになります。 精進料理の特徴としては野菜や豆類、穀類を工夫して調理して食べるというところです。 精進料理の影響によって大豆加工の技術が発展し、味噌や醤油、豆乳、納豆、豆腐、油揚げ、ごま油といった大豆料理が豊富に出てきました。 現状では精進料理を売り物にした料理店がありますし、寺院の中には参拝者に対して仏門の就業の一端を体験させることを目的として精進料理を提供しているところもあります。
日本料理の儀式などで最も正統なおもてなしとして会席料理があります。 会席料理は江戸中期以後から見られるもので、本膳料理と懐石料理をアレンジして発達しており、酒の席を楽しむことに主眼が置かれています。 献立は一汁三菜(吸い物と刺身、焼き物、煮物)が基本でこれに加えて前菜や蒸し物、揚げ物、酢の物、ご飯、みそ汁、香の物、果物が出されます。 ご飯とみそ汁、香の物はコース料理の最後に提供されます。
会席料理は同じ読みの懐石料理とルーツは同じですが、もともとの目的は違います。 懐石料理というのは茶懐石とも呼ばれ、お茶を楽しむ前に出されるために出されるコース料理です。 明治時代になってくると肉食料理が解放され、洋風料理が段々と広まっていきました。 洋風料理はただ広まっただけではなく、日本人の口に合ったものにアレンジしたうえで提供されています。 現在になるとさらに食の欧米化は広まっている一方で健康ブームということで健康に良い食事を求める人も増えてきています。

健康ブームに火を付けたものと言えば、何だと思いますか?
最近では人気の通販商品もたくさんありますが、それに火を付けたのは青汁でしょう。
それ以前にも、健康食品という存在はありましたが、一般的な理解が高めてくれた青汁は、未だに最も選ばれる健康食品の一つです。
健康に意識をしているのであれば、既に飲んでいらっしゃるかもしれませんね?
最近では、青汁もメーカーだけではなく、商品自体も多いのでどれを選べばいいか?分からないという方が多いようです。
そんな方に、味と効果を比較した青汁サイトを紹介します。
多くの商品を飲み比べて、その効果を体感した方のブログ形式のサイトです。興味がある方は参考になさってください。